airbnb

あなたの家ってあなたの物? スウェーデンが国ごとAirbnbに掲載されたぞ!

サカグチさん
サカグチさん
こんにちはー!サカグチさん(@sakaguchi3jp)です。なんと、スウェーデンが国全体をAirbnbに掲載し始めたとのことです!
タニシ
タニシ
日本は自分の持ち家すら自由にできないのにすごいね。

スウェーデンの公式観光機関Visit Swedenはこう言っています。

We listed the entire country on Airbnb

日本語に訳すと、私たちは全国をAirbnbに掲載しました。

スウェーデンが国全体をairbnbに掲載されました。

ツリーハウスに宿泊できたり、お城に泊まれたり、海の上で宿泊できたり、いつも僕らの想像を超えてくるairbnbがまた新しいことを始めました。

今度はスウェーデンの国全体に滞在が可能になるとのことです。

引用:Airbnb

Allemansrättenは、スウェーデンの法律によって保護されている原則であり、スウェーデンの自然の中で自由になる権利をすべての人々に与えています。言い換えれば、スウェーデンの自然は、木々や湖や崖のある土地ではなく、偉大な家です。必要なすべての必需品や設備が備わっています。地面からベリーを食べ、星の下で寝たり、湖で泳いだり、自由に歩き回ったりする場所です。この家を誰もが利用できるようにするために、スウェーデンはAirbnbに全国をリストアップしています。

そんな素敵な言い方されたら、このまあるい地球を肌で感じるためにスウェーデンに行ってスウェーデンの自然を体感してみたくなります。

スウェーデンがairbnbに掲載されたのは、自然享受権という考え方に基づく

自然享受権は、スウェーデン語で「万民のもの」を意味するAllemansrätten(アッレマンスレット)と呼ばれるそうです。
文字どおりすべての人に対して与えられる権利です。

スウェーデンに住む人だけでなく旅行者も、土地や土地の所有者に損害を与えたり環境を破壊したりしない限り、あらゆる土地に自由に立ち入ることができる権利。

「じゃあ国全体をAirbnbに掲載しよう。」ってなっちゃうとこがいいですね。捉え方がポジティブすぎてめちゃくちゃ応援したくなるし、単純にスウェーデンに行ってみたくなりました。

スウェーデンをairbnbで見てみる

http://airbnb.com/Sweden

最南端のスミーガフック岬から北部3国国境付近まで、スウェーデンが広範囲に紹介されています。

スウェーデンでは自然享受権がすべての人に保証されており、個人が所有する非公開の庭や作物が植えられている耕作地でない限りは、誰でも自然に立ち入り、散歩やサイクリング、キャンプなどをどこでもすることができます。自然は万民のものであると考え方は、すべてのスウェーデン人のDNAに刻み込まれているものの、権利には当然大きな義務も伴います。自然の中で過ごす際には、「傷つけたり、壊したりしない」ことが大原則で、これはあらゆるAirbnbのリスティング(お家)に対しても同じことです。

サカグチさん
サカグチさん
マジでキャンプしに行きたい!

ホストがスウェーデン。

森(Forest)。

誰でも(Anyone)。

寝室は夜空(Open roof bedroom)。

表現がいちいちシビれる!!サイコー!!!

3兆円企業のAirbnbとスウェーデンという国家が本気で遊んでるやん。

誰も傷つけずにこれだけ遊び心持って表現できるなんてすげー!きっと世界中にファンが増えたと思います。

スウェーデンとAirbnbの遊び心を見て日本の家の主人って誰なのって思った

国が違えば事情も違うので、「スウェーデンが国全体をairbnbに掲載したんだから、日本も国全体をairbnbに掲載しろ!」とは言わないけど、スウェーデンとAirbnbのような遊び心は見習いたいですね。

日本の行政はairbnbをはじめとする民泊に対して規制をしていく方向性だけど、例えば自分の持ち家くらいは自由にできる権利くらい与えてもいいんじゃないかと思いました。だって自分の家のはずなのに、誰を何泊宿泊させるかを家の主人(あるじ)であるはずの自分で自由に決めることができないなんて納得いかなくないですか?

固定資産税とかも払ってるのに、それすら決める権利を与えられないなんてそれって本当に自分の家なのか?って思っちゃわない?

今回の件で今まで以上にスウェーデン好きになったので、日本も世界に自慢できるような遊び心を魅せてほしいなと思いました!

 

ABOUT ME
サカグチさん
ガレージや秘密基地のような部屋を作るのが大好きで、ゲストに選ばれる民泊部屋の作り方を発信しています。 各SNSもお気軽にフォローしてね。 ◼︎詳しいプロフィールはコチラ◼︎

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です