【遊び心とデザインで世界を楽しくする】北カリフォルニアに行って来ました

サカグチ
サンフランシスコとシリコンバレーから帰って来て一日おいてすぐに、岐阜県の山奥の源流に岩魚を釣りに行っていたサカグチ(@sakaguchi3jp)です。

今回の旅の中で一番の学びだったのは「遊び心を持つ」事の大切さを再確認できた事でした。

タニシ
遊び心?
サカグチ
そう!遊び心!!今回の旅で遊び心を持って生きれば、生きること自体が遊びになると確信できました!!
サカグチ
今回は旅自体もクラウドファンディングで支援者さんに現地の生き方、働き方、遊び方を学んでお伝えすることをお約束しつつ、クラウドファンディングのプロジェクトをやりながら、仕事をしながら、遊びながら、旅をデザインしていく感じで、僕にとっては冒険でした。
サカグチ
サンフランシスコとシリコンバレーに行くってことだけ決めて、旅の資金の一部も宿泊先もレンタカーもどこに行くのかもほとんどが現地調達だったので、支援者さんとのお約束を果たせるかどうかドキドキしながら旅をしていました。支援してくださったパトロンの皆様、本当にありがとうございました。これからリターンしていきますのでお楽しみにしていてくださいね!

airbnb社のオフィスはデザイン性が高くて遊び心の塊だった

DSC01214

日本にいる民泊仲間とサンフランシスコのairbnbの社員さんとの繋がりからのご縁でairbnbの本社を社内見学させていただきました。

自分一人の力でなくチームで旅のスケジュールをデザインできて本当に良かったと思っています。

社内がおしゃれなカフェのようでもあるし、遊園地のようでもあるし、家のようでもあるし、美術館のようでもあるし、工作室のようでもあるし、日本の屋台のようでもあったりするオフィス。言葉で伝えるのホント難しいんですけど本当にそうなんです。遊び心が溢れ出る様子に感激でした。

社内のコミュニケーションの方法も見て取れましたし。オフィス内の遊び心の塊のようなデザイン性の高さも感動するレベルでした。

創業者がデザイン系の出身というだけでなく、本当に遊び心がある人だからあんなに楽しいオフィスになるんだなと感じました。

airbnbでの学びは今後の人生に間違いなく影響を与えるくらい学びが大きかったので、また別の記事に書きますね!

シリコンバレーのCANDY HOUSE社さんも遊び心高し

DSC01028

スマートフォンで家の鍵を開閉できるスマートロックのスタートアップCANDY HOUSE社さんのシリコンバレーのオフィスにも訪問させていただきました。

CEOのJermingさんの「私たちは鍵の会社になりたくない。スマートロックの会社をやりたいわけではない。楽しいロボット会社になりたいのだ。」というお言葉も印象的でした。

ベンチャーキャピタルのDraper Nexusさんもワクワクするオフィスでした

DSC01077

壁一面にアメコミが描かれたオフィス。シリコンバレーらしくテスラ・モーターズの車を改造したデスクは、思わず受付の女性にお願いして、そのデスクに座らせてくださいってお願いしちゃうくらい遊び心満点のデスクでした。

DSC01082
こちらでお会いしたパナソニックの関藤さんも、僕と同じく遊び方、ライフスタイルに着目していらっしゃったのでシリコンバレーのお話ができてとてもありがたかったです。

サカグチのダフルバッグの遊び心

今回の旅の旅行カバンはUS.ARMYのダッフルバックで行来ました。

僕のJunSakagcuhiのイニシャルをデザインし直して「US」から「Js」に変更していきました。

SAN JOSEの空港についた時、

現地の人
お前アーミーなのか?
サカグチ
いや、デラビッグだで!ダッフルバック イズ ベリービッグ!

と説明したら納得していたので、遊び心でコミュニケーションが生まれてほのぼのしました。

自分的にはこの遊び心は気に入っているのですが、空港には僕と同じカバンを持った人がたくさんいたので、間違えそうでした。旅行カバンは近々買い換えたいと思っています!
今回の旅で学んだことはこれから記事にしてまとめていきます。もし聞きたいことなどあればお気軽にLINE@からメッセージくださいね。100%返信します!
泊まログへのご質問・ご相談・お仕事依頼LINE@よりお問い合わせください。