【民泊WiFi徹底比較】民泊に最適なWiFiはコレだ!

サカグチさん
タニシって13匹家族だよね。14端末に同時接続できる、速度制限なしで、2年縛りなしの民泊WiFiがあるの知ってる?
タニシ
何言ってんのよ!私はサカグチさんのことも家族だと思ってるから、14人家族よ。全員使えてちょうどいいWiFiじゃない!
サカグチさん
タニシーーーー!!!ありがとな!!

大手のポケットWiFiに違約金を払って、民泊WiFiに乗換えたサカグチが民泊WiFiを徹底比較してみたいと思います。

民泊のホストなら、民泊WiFi契約は必須です。

普段からインターネットに繋がっている人にとって、WiFiはなくてはならない存在ですね。ブログ見るのだって、Airbnbを予約するのだってインターネット環境が必要です。
レストランを探したり、電車やバスの乗り方を調べたり、道に迷った時に地図を調べたり、言葉を翻訳して見たり、旅行者にとってはなくてはならないものです。
WiFiにつながった瞬間、水を得た魚のようにあらゆる情報にアクセスすることができます。

日本のAirbnbを見ていると、多くのホストがゲストのためにポケットWiFiを貸し出しています。多くのホストがポケットWiFiを提供しているということは、逆にWiFiを提供していない部屋は選ばれにくくなるということです。もはや、必須の設備といってもいいでしょう!

便利なWiFiですが、民泊ならではのトラブルで代表的なのが、

速度制限とゲストによるWiFi機器の紛失です。実質通信制限無しで紛失や破損に対する保証もついた民泊専用の民泊WiFiを契約したいですね。

それと、どのくらいの期間民泊ホストをやるのか決まっていない場合は、2年縛りのような解約違約金がないことも大切です。できれば違約金等の負担の少ない民泊WiFiを選びたいですね。

そこで今回は民泊用の民泊WiFiを徹底比較してみたいと思います。

 民泊レンタルWiFi

民泊レンタルWiFi

  • 実質通信制限無し(3日間制限なし、7日間制限なし、キャリア判断により制限がかかる場合あり。制限が発生した場合はご希望の場合は代替機器(有料)を貸出し)
  • 二年縛り無し
  • 月額4500円(安心サポートパック込み)
  • 破損、紛失時 6ヶ月に1回までなら、無料にて代替品をご提供してくれる。(要代替品送料500円、手数料1000円)(※USIMカード除く)。6ヵ月以内の二回目の紛失は新規契約扱いとなり、同じ手順と費用が発生する。また、USIMカードを紛失された場合は4,000円(税抜)
  • 同時接続14台

キャリア判断の制限の目安は月に50GB以上の使用くらいのようです。空港等で貸し出されるWiFiの1ヶ月の平均通信量が15GBくらいとのことですので、月間50GBはかなり余裕のある通信料でありがたいですね。

【口コミで人気の凄い民泊WiFiはコレだ!!】人に勧めたくなるレベル

2017.02.22

民泊運営代行会社のfaminectさんの民泊WiFi Famifi

月間通信制限なし!民泊Wi-Fi【famifi】
  • 実質通信制限無し(端末によっては、3日で3GBの制限がかかる場合もあり、7日間制限なし、キャリア判断により制限がかかる場合あり。)
  • 二年縛り無し(解約事務手数料5,000円(税抜)必要)
  • 月額3980円 (契約時のみに入れる【安心保証】は別途月額500円)(最大2ヶ月間キャンペーン価格で月額2480円)
  • 破損、紛失時 10000円(契約時のみに入れる【安心保証】月額500円に加入していれば、交換無料)

民泊WiFi

JP MOBILE

  • 無制限(3日間制限なし、7日間制限なし、異常利用の場合は制限がかかる場合あり、制限がかかった場合、民泊運営情報をご提示して頂く事などで制限を解除)
  • 二年縛り無し(解約事務手数料3,000円(税抜)必要)
  • 月額3480円 (契約時のみに入れる安心サポートパックは別途月額500円)
  • 破損 20000円(契約時のみに入れる安心サポートパック月額500円加入していれば、0円)
  • 紛失時 20000円(契約時のみに入れる安心サポートパック月額500円加入していれば、10000円)
  • 同時接続8台

各社ともさすが民泊専用にリリースしている民泊WiFiなだけあって、実質通信制限無しや紛失時の保証など、民泊ホストの立場になって商品を作ってくれていますね。さすがです!やはり、民泊に特化した民泊WiFiを選ぶのが正解だと思います。

※2017年1月に調べた内容です。もし内容が改定されていたり間違いがあったら教えていただけると嬉しいです。正しい内容は、それぞれのホームページの内容をご参照ください。

民泊運営においてWiFiスピードが遅いと悪いレビューがつく

月間データ量上限なしと言っている大手さんは、月間データ量上限なしと書いてあるが、3日間で3GBとか、月間で7GBを超えると極端な速度制限がかかってしまうものが多く、民泊では事実上使えないです。速度制限がかかるとゲストからすぐに問い合わせやクレームが入り対応が必要になります。
Airbnbで宿泊先を予約する人は、Airbnbを利用する=インターネットを使用するということなので、ほぼ間違いなくWiFi環境が欲しい人なわけです。
WiFiスピードが遅いとAirbnbでゲストから悪いレビューをもらいやすくなってしまいますので、今回ご紹介したような民泊WiFiをぜひ導入することをオススメします。

 

僕はこの悪いレビューを機に大手のWiFiを高額な違約金を払って解約し、民泊レンタルWiFiさんに変更しました。その後、ゲストからのWiFiに関する問い合わせは激減しました。本当に変更して正解でした!しかも使って見たら通信速度がめちゃくちゃ速かったので、普段使いにもオススメです。

【口コミで人気の凄い民泊WiFiはコレだ!!】人に勧めたくなるレベル

2017.02.22
泊まログへのご質問・ご相談・お仕事依頼LINE@よりお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です