【世界初】火星の民泊物件を掲載開始

火星の民泊物件を掲載開始

株式会社スペースエージェントが運営する、民泊物件専門の不動産ポータルサイト「民泊物件.com」さんが太陽系第四惑星である火星における民泊物件情報の掲載を開始するそうだ。これはもちろん、世界初の試みである。

現在、火星には民泊を運営する競合ホストがおらず、またホテルや旅館も進出していないことから、訪火旅行客を確実に集客できる貴重な物件となります。

【世界初】火星の民泊物件概要

火星の民泊物件の写真はこちら。

出典:PRTIMES

火星の民泊物件概要

物件名:メゾンMARS 84001 住所: (

プレミアム会員になると詳細住所が表示されます

) 交通:JR渋谷駅ハチ公口から約6,500万km(光速4分) 賃料:18.5万円(管理費5,000円) 敷礼:敷金1ヶ月、礼金1ヶ月 広さ:2LDK、45.8㎡ 種別:一戸建て 構造:不明(1984年に南極大陸で採取された火星起源の隕石ALH84001含有鉱物) 築年月:不明 契約形態:定期借家契約2年 入居時期:2017年5月1日以降(現在入居中)

タニシ
以外と家賃安いね!管理費には酸素の供給手数料は含まれてるのかな〜?

火星の民泊物件のオーナー様について

民泊物件.com

では日々物件オーナー様から空室の集客依頼を頂いており、現在651名のオーナー様とご縁を頂いております。

587番目にお問合せを頂戴した本オーナー様は、火星に在住する人間(ご本人曰く)で、イギリスのSF小説作家H・G・ウェルズ氏が1898年に発表した小説「宇宙戦争」にて描写された火星人の姿と合わせ鏡のような姿をされております。

お写真についてはご本人様の希望により非公開としますが、賃借人となる方とは契約時にご挨拶を希望されております。

タニシ
オーナーに会って見たいわ〜♪

世界初の火星の民泊物件なのに初期費用は0円

民泊物件.com

は日本全国の民泊物件を取扱っておりますが、今回初めての取り組みとなる地球外物件の掲載を記念し、本物件の契約に係る

初期費用約76万円を0円

とするキャンペーンを開催します。実際にかかる初期費用は当社が全て負担いたします。

なお、内見とご契約の際には、現地への交通費として別途1回あたり往復38億円がかかりますことをご了承ください。

タニシ
物件の清掃行くたびに38億円の赤字じゃん!?

民泊物件.comさんの今後の展開

民泊物件.comでは、2018年1月に予定されている住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行を見据え、引き続き広く民泊物件情報を収集し、サービスを通じて民泊事業主に提供して参ります。

また物件オーナー様に於いては、民泊物件.comへの掲載料や手数料は一切ご負担なく空室情報を掲載して頂けます。お気軽にお問合せください。

この記事を書いた今日、4月1日はエイプリルフールです。民泊物件.comさんのPR記事が面白かったのでシェアさせていただきました。お付き合いありがとうございました。

引用ページ:民泊物件専門の不動産ポータルサイト「民泊物件.com」 世界初、火星の民泊物件を掲載開始

泊まログへのご質問・ご相談・お仕事依頼LINE@よりお問い合わせください。