民泊

【徹底攻略】Airbnbの集客は写真が命。写真撮影テクニック11選

 

サカグチさん
サカグチさん
どーも!サカグチさん(@sakaguchi3jp)だ。airbnbの集客において写真撮影はすんごおぉぉぉく重要!!一番大切といってもいいくらい重要だ!!異性を容姿で選ぶ人がいるのと同じでお部屋を写真の美しさで選ぶ人は多いよ。これさえ押さえておけば写真は問題なしって言えるくらいに写真のコツをまとめたぞ!

【プロに依頼する】airbnbの無料プロカメラマンに写真撮影してもらう

airbnbの集客において、写真は超大切です。一番大切と言っちゃってもいいくらい大切です。写真撮影はぜひ積極的にプロマメラマンにお願いしてみましょう。

airbnbにはプロカメラマンによる無料の写真撮影サービスがありますので必ず申し込みましょう!

追記→見積もり方式に変更されました。

Airbnbの契約フォトグラファーによる写真撮影

出典:airbnb 

airbnbのプロカメラマンは、依頼してから撮影日が決まるまで時間がかかることがよくあります。(1ヶ月くらいかかることもあります。)お部屋の準備ができたら、airbnbの無料カメラマンの申し込みをしておいて、まずは自分でも別途プロカメラマンに依頼して写真撮影しておく事をオススメします。

サカグチさん
サカグチさん
自分でお願いしたプロカメラマンの写真で運営していきながら、airbnbのプロカメラマンからの連絡を待つのがベストだ。

airbnbカメラマンはairbnbから指定された基準での撮影となりますが、自分で依頼したプロカメラマンなら、すぐに来てくれるし好きなようにこちらの望む写真や枚数を自由にお願いすることができるのもメリットだぞ。

およそ1~2万円程度でプロカメラマンに写真を撮ってもらうことができるよ。自分で一眼レフカメラや三脚、広角レンズなどを揃えるよりも安価にできるし、何より写真撮影には技術も必要だ。道具を使いこなすのにも、経験が必要だし、必要なら写真の加工までこなすのは、素人がお手軽にできるものではないぞ。

サカグチさん
サカグチさん
撮影はプロにお任せして、ホストはゲストに喜んでもらうことにエネルギーを使った方がいいよ!

プロカメラマンの探し方はタイムチケットやクラウドワークスなどのサイトで探すことができます。またホスト仲間に紹介してもらってもいいと思います。

Airbnbのプロカメラマンに撮影してもらった写真はAirbnbの認証済み写真として、写真がアップロードされます。Airbnbのプロカメラマンに撮影してもらうとAirbnb上での検索順位が上位表示されやすくなります。

上記の理由から、自分でお願いしたプロカメラマンの写真とAirbnbのプロカメラマンの両者に写真撮影を依頼するのがいいです!Airbnbの集客の要となる部分ですので、徹底的にこだわりたいですね!

それではより具体的なテクニックをご紹介していきましょう。

【枚数は多めに撮影する】Airbnbのゲストは物件を写真で判断しています。

Airbnbのゲストの母国語は必ずしも英語とは、限りません。我々日本人もそうであるように、使い慣れない言語を読むのは面倒なものです。

ところが画像というものは視覚から入ってきますので、写真を見てもらうだけでその物件の情報をイメージすることができます。

まずは写真で判断して、気になってから初めて物件の詳細な文字情報を読むことになります。だからこそ、まずは写真が大切なのです。

Airbnbの集客においては、写真が命と言ってもいいくらい大切になってきます。

どんなに素敵なお部屋で、どんなに素敵なホストがおもてなしをするつもりでいても、まずは選んでもらえなければ始まりません。

魅力的な写真を掲載して、ゲストに選んでもらうことが大切です。

最低でも30枚以上の写真を掲載するのがオススメです!バラエティ豊かに撮影しましょう!

画質の良い写真をAirbnbに掲載しよう

写真の画質は良い方がいいです。少なくとも1024×683ピクセル以上の画質に写真を撮影しましょう。

サイズに迷ったら大きい写真の方にしておきましょう!

【広角レンズで撮影する】必ず広角レンズを使おう

 

広角レンズで撮影するとお部屋が広く見えます。普通のレンズで撮影すると部屋が狭く写ってしまい、正確なお部屋の広さが伝わりにくくなってしまいます。

Airbnbには広さを数値で記載する項目がありませんので、ゲストは写真で広さを判断しています。多くの人が広い部屋を好みますので、広角レンズで撮影した方が写真を見た人の印象が良くなりますね。また部屋の目一杯の角から対角線上にカメラを向けることで、写真にできるだけ奥行きを与えることができ、部屋が広く見える写真を撮影することができます。せっかくの広いお部屋が、狭く思われてしまわないようにしっかり広さを表現しましょう。

また、狭い3点ユニット(お風呂、トイレ、洗面台)を普通のレンズで撮影しようとしても全体が収まりきらず、伝わりにくい写真となってしまいます。広角レンズで撮影すれば一枚の写真に収めることができ、伝わりやすい写真を撮影することができます。

広角レンズを使用して写真を撮影すると、歪みが出やすくなります。そこでグリッド線を使用しながら撮影すると写真の歪みを最小限に抑えることができます。

【写真は縦よりも横で撮影する】Airbnb写真掲載の注意点

Airbnbの写真撮影をするときは、カメラを縦に構えて撮影するよりも横に構えた方が部屋が広く見えます。

縦の方が、伝わりやすい場所は縦の写真ももちろんOKですが、基本は横に構えて写真撮影しましょう。

特に1枚目に掲載する写真は必ず横向きの写真を掲載してください。縦の写真だとトップページの写真の上下の部分がカットされて分かりにくい写真となってしまいますので1枚目の写真は横向きがオススメです!

【明るく撮影しよう】清潔感ある写真を撮ろう

暗い雰囲気のお部屋よりも、明るい雰囲気の写真の方が清潔感のある写真を撮ることができます。

晴れた日の日中に、窓のカーテンを開けてできるだけたくさんの自然光を取り入れて撮影しましょう。

ただし直射日光が入ってしまうと美しく撮影するのが難しくなってしまうので、撮影の時間帯を考慮して撮影するようにしましょう。

照明は全てオンにして撮影しましょう。

間接照明などの設備がある場合は、夜バージョンの写真も撮影してゲストに魅力を伝えるのもいいですね。

【できる限り三脚を使って撮影しよう】

三脚を使用することで、手ブレを防止することができます。
また、シャッタースピードをゆっくりにできるのでより明るい写真を撮影することが可能になります。

【アクセントカラーの入った小物を置く】クリックしたくなる写真を撮影する

Airbnbの集客で大切なのは、まず写真をクリックしてもらうことです。
アクセントになるような色の小物を置いておくことで、写真にインパクトが生まれ、クリックされやすくなります。
単調な色彩のお部屋の場合は、アクセントカラーとなる小物を置いてみましょう。

【商店街の写真も撮影する】素敵な滞在をイメージしてもらう

Airbnbの魅力の一つに、「暮らすように旅をする」というコンセプトがあります。お部屋の近所の商店街のお店などの写真を掲載するのもオススメです。ゲストが自分の部屋に宿泊した場合、どのような素敵な滞在ができるのかをイメージしてもらえるような写真を掲載しよう。

【設備も撮影する】魅力は全てAirbnb上に表現しよう

使い捨て歯ブラシやボディースポンジなどのアメニティーを設置している場合は、必ずそのアメニティーを写真撮影してAirbnbのリスティングにアップしましょう。

ゲストのことを思って準備した設備は、写真撮影してAirbnb上で表現することでゲスト思いのいいホストだと判断してもらえますし、選ばれやすくなります。せっかくのおもてなしは積極的に写真で表現していきましょう!
アメニティー以外にも、アイロンや洗濯機、電子レンジ、炊飯器などお部屋の魅力アップにつながるものは全て写真を掲載しましょう。例えば、ドライヤーがあるのかどうか知りたいゲストにとって、ドライヤーの写真があるだけで嬉しいわけです。ドライヤーがなかったらどうしようという不安を解消してあげることができます。
写真をAirbnbのリスティングにアップしていない場合は、チェックインするまで伝わりません。何度も言いますが、ゲストは写真でお部屋の魅力を判断しています。写真を見て「いい部屋っぽいな」と思ってくれた後に初めて、詳細な説明文を読んでくれるものだと心得ておきましょう!

BBQセットや駐車場、素敵なお庭も掲載できる場合は積極的に魅力を伝えましょう

写真写りを考慮して、撮影する

家電のコンセントは抜いて写真に写らないように撮影すると見栄えが良くなります。

むき出しのティッシュ箱などの見た目がイマイチなものは隠して部屋を撮影した方が美しい写真を撮影することができます。

撮影が終わったら、コンセントを元通り差し込むことを忘れないように注意しましょう。

ゲストに選んでもらえる写真を掲載して、ゲストの不安を解消してあげることがAirbnbでの集客につながります。ゲストが安心して予約したくなるような写真を掲載しましょう!!

ABOUT ME
サカグチさん
ガレージや秘密基地のような部屋を作るのが大好きで、ゲストに選ばれる民泊部屋の作り方を発信しています。 各SNSもお気軽にフォローしてね。 ◼︎詳しいプロフィールはコチラ◼︎

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください